App Engineerの開発ダイアリー

Flutterや開発活動に役立つツール作りなど

Android Studio で git を使う ~Push~

Git を使ったソースコードの取り込み、修正を反映させるという作業を行いたい場合,流れは下図となります.

※事前にGithubやBitbucketを利用しリモートリポジトリを作成しておく必要があります

今回はAndroid Studio を使った場合の手順を書きます.

f:id:Simoroid:20180109235032p:plain

git を使った開発フロー
  1. Clone (リモートリポジトリを複製しローカルリポジトリを作成)
    この操作でローカルリポジトリワークスペースが作成される.
    Android Studio の操作: File -> New -> Project from Version Control -> Git

    f:id:Simoroid:20180109235644p:plain
    ※1.手順後にイベントログに【 Error Loading Project 】が表示されたとき
    File -> Open... からプロジェクトを開き直す
    ※2.手順後にイベントログに【 Unregistered VCS root detected 】が表示されたとき
    VCS -> Enable Version Control Integration... を選択
    Gitを選択して[OK] 

  2. Commit (ローカルリポジトリへ変更を反映)
    適当にソースコードを修正し、ローカルリポジトリに反映。
    Android Studio の操作: VCS Commit Changes...

    f:id:Simoroid:20180109235647p:plain

     

  3. Push (リモートリポジトリへ変更を反映)
    ローカルリポジトリに反映した修正内容をリモートリポジトリに反映.
    Android Studio の操作:VCS -> Git -> Push...f:id:Simoroid:20180109235651p:plain