App Engineerの開発ノート

AWS、Flutterや開発活動に役立つツール作りなど

AWS

JMeterを使用してLambdaの結合テストを実施する

AWS

Lambda(API Gatewayを紐づけ済み)に対して機能の単体試験が完了した後の、一連の流れを確かめたい、といった結合テストを実施する方法です。Postman等の様々なリクエストツールがあるかと思いますが、今回はJMeterを使用します。リクエストパラメータ等の設…

PowershellでLambda+API Gatewayのコンボを高速配置

AWS

AWSのサーバレスコンピューティングの定番であるLambda と API Gatewayのセットを簡単に配置する手順です。AWSの継続的な配置(CD)の観点として、デプロイは「AWS CodeDeploy」等のサービスを使用することが恒久的なやり方だと思いますが、ちょっと試したい…

AWS Innovate – Modern Applications Editionレポ 2021/10/27開催

AWS

業務でも趣味でもAWS開発を行っており、情報収集をしたいと思いAWS主催のイベントに参加してきました。 このイベントはタイトルにもありますが、AWSを活用したモダンアプリケーション開発に関して、新しい技術の紹介や設計思想等がテーマのイベントでした。…

DynamoDBへのデータ登録を楽にする2~データ削除編

AWS

以前、エクセルファイルをインプットとしたDynamoDBへのデータ登録のツールを作りました。今回はその削除版の一括削除のツールを作成します。 ちなみ登録のツール作成方法は下記です。 ikoda.shop削除ツールも登録ツール同様、Powershellを使用します。■ツー…

DynamoDBへアクセスを行うJavaのLambda関数の単体テスト実施方法

AWS

DynamoDBへ書き込み・読み込みを行う関数を効率良く単体テストする方法です。 テストデータの事前投入を簡易化することが今回のメインです。データ投入に今回はエクセルファイル(拡張子がxlsx)を使用します。 エクセルファイルを使用するメリットとして、そ…

DynamoDBへのデータ登録を楽にする

AWS

DynamoDBへのデータ登録を簡易化するためのツールを作ります。 BatchWriteItemというcommandを使用することで一括のデータ登録ができます。 batch-write-item — AWS CLI 1.20.48 Command Reference今回は上記commandに使用するインプットデータ(jsonファイル…

【AWS便利ツール】DynamoDBのテーブルをCSVでエクスポートする

AWS

DynamoDBの内容をエクスポートしたい場合、テーブルの中身を簡易的にエクスポートする方法です。 ツールの開発にはPowerShell を使用します。 DynamoDBの管理コンソールからでもエクスポートは可能ですが、 わざわざログインしたくないときなどに便利です。 …

【AWS入門】Javaで始めてのLambdaアプリ開発

AWS

AWSのLambdaアプリをJavaで開発します。 とりあえずシンプルなものを実行できるところまで環境を整える手順です。 統合開発環境にIntellijを使用します。 0. JDKをダウンロード AWSと連携を可能にしたAmazon Corretto(JDK)をダウンロードします。 https://do…

AWS入門~CLIを使用してAWSにアクセス

AWS

コンソール上でコマンドを叩いてAWSのサービスにアクセスする方法です。 DBへのデータ登録等、開発を行う上で必要になるはずです。尚、AWSのアカウント準備自体は下記から実施できます。 ikoda.shop ■インストール AWS CLIとAWS SAM CLIの二種類をインストー…

AWS入門~localstackでローカル開発環境を準備する

AWS

AWS開発の必須ツールといっても過言ではないlocalstack を使用することでローカル環境でdynamoDBやLambdaなど様々なサービスの 開発を行うことが出来ます。 1.PC上の設定変更 タスクバーの検索ボックスに「Windowsの機能の有効化または無効化」と入力しメニ…

AWS入門~誤って課金してしまわないよう気を付ける

AWS

アカウント作成して僅か半月で誤って課金する結果となってしまったので、自戒をこめて、課金状況の確認手順です。 ◇現在の課金額を知るAWS マネジメントコンソール(ログイン後のトップページ)から"マイ請求ダッシュボード"をクリック⇒ページ遷移後、現在の利…

AWS入門~とりあえずWebアプリケーションが公開されるまで

AWS

AWSを勉強したい・導入したいという場合の とりあえず最初のWebアプリが公開されるまでの手順です。 所要時間は最速だと20分くらいです。◇アカウント作成 まずは下記でアカウントを作成します。 https://aws.amazon.com/jp/try-cloud/個人情報として住所や携…